整体

カラダファクトリーはいわば現代の整体の最先端をいっているオシャレで明るい整体ですが、整体の歴史を遡ってみると、それは2千年以上前から存在していたようなのです(諸説あり)。

中国が起源で2千年以上前の記録にあるようですが、その時は「推拿(すいな)」呼ばれていました。

昔から手技療法で、筋肉や骨格などの調整を行うのは今も変わりません。

日本の整体の歴史

日本武術の中にも整体というものはあったということなのですが、現代の整体の元となったものは大正時代になってからということです。

明治時代に按摩術が免許制になったものの、東洋医学を行う治療師が按摩とは異なる「整体(とのちに呼ばれる)」の技法を、カイロプラクティックやオステオパシー等の理論なども統合して確立したらしいです。

その後、昭和に入って「整体」という言葉が作られました。法制化を目的として整体操法協会というものもできて、徐々に整体は広まっていきました。

カイロプラクティックの歴史

欧米にも整体に似たものが広がっていきました。正確に「整体」と異なる部分や定義というのを定めるのは難しいのですが、手技療法で行う姿勢の矯正ということでは同じだと言われています。

日本では整体のことを単にカッコよくカイロプラクティックと呼んでいることもあります。

アメリカなどでカイロプラクティックをする場合はWHOのガイドラインもあり、4200時間以上の教育を受けなければいけません。

医学部と同等レベルの基礎医学も学ぶ必要があり、日本の整体よりも進んでいると言えるかもしれません。

ちなみに日本ではカイロプラクティックの法整備はされていないので、本物のカイロプラクティッククリニックかどうかは見極める必要があります。

カラダファクトリーの評判を聞いて体験してみた