整体

カラダファクトリーというのは整体なのですが、整体のほかにも似たような療術業というものがあります。

整体とどんな違いがあるのか調べてみました。

整体師とは

整体というのは骨盤や脊椎、肩甲骨や四肢、頭蓋骨や関節の歪みを矯正することで、骨格筋を元の位置に調整し、リンパや血流の流れを良くすることで身体の不調を取り除くという健康法です。

通常は道具を使わずに素手で施術をするのが一般的です。古くはアジアなどの東洋医学がベースになっていると言われており、それが世界各国にいろいろな形で広まって多種多様な様式ができています。

日本では整体をするのに国家資格などが必要なく、現在は民間資格ということで専門学校などで学んで開業する人が多いです。法律上、必要な資格がないため手技療法のスタイルや理論が整体師によって異なるので整体技術に差が出てくることが多いです。

柔道整復師とは

町で見かける「ほねつぎ」や「接骨院」といった看板があると思いますが、その辺は柔道整復師がいると思っていいでしょう。

柔道整復師になるには、厚生労働省が推奨する専門の養成施設などで3年以上学ぶか、文部科学省が指定する4年制大学で基礎科目(解剖学、病理学、運動学、生理学、衛生学、公衆衛生学)と、臨床系専門科目(柔道整復理論、柔道整復実技、リハビリテーション学、関係法規、外科学)を履修しなければなりません。

国家試験があり、合格して初めて柔道整復師になることができます。資格をとったら研修があり、その後開業するか、病院などで勤務柔道整復師として働くことができます。

いわゆる医師との違いは手術などをしない「非観血的療法」で骨折や脱臼、打撲や捻挫などの関節や靭帯、腱のトラブルを治療します。整復や固定などをして、人間の自然治癒力を効率よく発揮させるということになります。

接骨院や整骨院での治療では、急性または亜急性による外傷であれば保険が適用されます。

鍼灸師とは

鍼灸というのは細い鍼(ハリ)を経穴(ツボ)に挿すことによって筋肉のコリをほぐしたり、血行促進をさせることで、神経痛やリウマチ、腰痛や五十肩、頚腕症候群などを緩和させる治療です。

鍼灸師になるには専門の教育機関で医学と技術の履修をして、卒業後に国家試験に合格すると取得すればなることができます。国家資格なので技術が一定の水準が無いとなることはできません。

鍼灸でも保険は適用されますが、神経痛・リウマチ・腰痛症・五十肩・頚腕症候群・頸椎捻挫後遺症やそれに類似する疾患だけになります。

カラダファクトリーの口コミ見て体験してみた